暗号通貨は世界の財布

1000年に一度のチャンス! 仮想通貨やICOについて 世界情勢をにらみながら、 人生のステージを上げる為には 何が必要なのか!情報共有します。 お金の正体とは?

子供の頃はよく怪我したけど、大人になってからは記憶にない

同世代や先輩の年代にあたるひとには思い当たるのではないでしょうか

子供の頃は、しかも九州の田舎でしたからね。

もっぱら、外で遊ぶことが多かったんですけども、





擦り傷、切り傷は日常茶飯事でした 

僕らの頃の遊びは、海か山か、放課後の学校のグランドでした。

土曜日も日曜日も、空いていれば友達と陣取りしたり、缶蹴りしたりでしたね。



それくらい、開放的かつ自由にみんなが使えたのも時代なのかなあって思いますね。

今は、学校もセキュリティが厳しくなりました。

かってに休みの日にグランドに入って遊ぶこともほぼ出来ないのではないでしょうか。





自然が遊び相手だったせいか、毎日のように傷を作っていたように思います

どこまでやったら、痛い思いをするのか知らない、引き出しが無いことがある意味

リミッターを振り切った行為に繋がっていたんでしょうね。



オトナの処世術なの!?


でも、段々と大人になるにつれて経験を重ねていきますし、

これは危険だ!の堺を嗅ぎ分ける引き出しもできるようになります。

そんな引き出しが年を重ねるごとに増えて行くんですね





すると、無理をしなくなる毎日が圧倒的に当たり前になっているんですね、

そんな毎日にすら気が付くこともなく、時間は過ぎていきますよね。

安全に、安心に、日々を過ごすことは、決して否定するものではありません。



でも、新しい発見や可能性などは、子供の頃に比べたら

結構な数を、ポロポロこぼしているんじゃないか、って感じる瞬間があるんですね。

ひとそれぞれに価値観は違いますから、一概には言えませんけども、



しかしながら、たいていの人が、多くの大人が

今よりももう少し、お金があったら…とか、時間にもう少し余裕が欲しいな…とか

何かしら、向上したい気持ちや、自身の変化願望みたいな気持ちを持ちながら

生活しているんじゃないでしょうか。



子供の頃の、勢いが懐かしく、どこか羨ましい世界に感じたりして

暫し感傷に浸ったりすることって、大人ならではですよね。

100%後悔の無い人生を送れる人なんてどれだけいるのか分かりませんが、



感傷に浸っている時間があるんだったら、

あの頃の振り切って行動していた自分をお手本にして

次の行動へ移してみたらどうかなあ~

そんな感覚を覚えた最近でした。





目標に向かって夢中になって

追いかけていた頃でも良いと思うんです。

僕はよくyoutubeで当時好きだったり、影響を受けたアーティストの動画を

観たりしていますね。





今日は、クーラ・シェイカーでした、

インターネットって本当に便利ですよね

Google先生も、ほとんどの自分の質問に答えを返してくれるんですからね

さらに、気分をちょっと持ちアゲてくれますし、





海と山で遊んでいた子供の頃には

今のような未来は、まったく想像もしていませんでしたから…

しっかりと使いこなせたら、

どれだけ便利でしょうね。





つまらない毎日よりは

1ミリでも楽しい毎日の方が

絶対的にいいですよね。





そう言えばですね、

注文していた新しいデスクトップが届きました。





とりあえず、セキュリティとインターネットができるようになりました。

もう少し、チューニングしないと使い勝手が悪いのですが、

ボチボチやりたいと思います。


0コメント

  • 1000 / 1000