暗号通貨は世界の財布

1000年に一度のチャンス! 仮想通貨やICOについて 世界情勢をにらみながら、 人生のステージを上げる為には 何が必要なのか!情報共有します。 お金の正体とは?

リップルのロックアップとは、なんの為に!

先日、リップルのロックアップが、予告通りに完了しました。

日本人には、リップルホルダーが多いと言われています。

ホルダーそれぞれに、リップルに対しての認識レベルは違うと思いますが、

リップルの将来性に期待しているからこそ、




リップルを保有しているんだと思います。

そんなリップラー初心者のひとにも、少しづつリップルについて

知識の引き出しを増やして、より理解を深めて頂きたいと思います。



解り易く説明してくれているサイトがあります、

僕もちょくちょく利用しているまとめサイトです。


仮想通貨まとめ


そもそも、リップルは他のコインとは活躍する市場を差別化しています。

以前にも、記事にしましたが、送金に特化したブリッジ通貨をコンセプトに

これまでに長い時間をかけて準備を進行中なのですが、



インフラや世界の金融機関との提携など、実需を完璧に整備した時に

はじめて,GOサインが出るんだろうと思いますね。それも近い将来!!




私たちの毎日の生活をちょっと考えてみて欲しいのですが

必ずお金の出入りはありますよね。金額の大小はそれぞれですでども、



コンビニや、ショッピングモール、ネットショップも、

ガソリンスタンドも、銀行での振り込みや引き出しや、預け入れ、

公共交通機関でもそうですよね。(電子マネーの割合も多くなっているのが現状かも)



そうなんですね!

現在使っている便利な円のように、

生活のどこでも使えるようになってしまえば

みんな使うようになるのは、自然なんですよね。



携帯電話や、スマートフォンの普及した流れと

同じ事が言えると思いませんか。



30年前までは、当たり前に無かったものが、

今では、必需品となりました。

街ゆくひとの右手には、左手には



スマートフォンがしっかりと握られているんですね。

その光景も、もはや誰もが不思議と思わないレベルまで時代は来てるんですね。



お金も同じように時間の経過と共に

現物紙幣からデジタルマネーへと着々と変革を進めているんです。

仮想通貨ブーム(投機的)が一端終息する頃には、



新しいお金の絵が現実の生活の中に

当たり前のように入り込み、自然な形で私たちも

使っているでしょうね。



※ リップルについて理解を深める為に!

  検索していて、見つけたある会社員さんのサイトをご紹介しておきます

  目線が近いこともあって、

https://akilog.jp/ripple/


  どんなスタンスで仮想通貨や将来に向き合っているのか、

  実際にリップルホルダーでもあるので、

  リップルに対しての考察なども書かれていますし、



 ちゃんと勉強しているなあ~

そんな感想でした。僕ももっと勉強しないとな!とも思わされました。






0コメント

  • 1000 / 1000